新車を購入したら車庫証明を行いましょう

新車を購入する際には、さまざまな必要書類があります。
車庫証明もその中のひとつです。
車庫証明は、車を保管しておく場所を申請する手続きです。
車の保管場所を決めておかないと車を購入することはできません。

これらは自動車販売店でも申請の書類を求められると思います。
自分の自宅内の土地でももちろん申請は可能ですし、月極めの駐車場も車庫証明として交付することができます。
その際には、自動車の本拠の位置から直線で2キロメートル以上はなれている場所は申請できませんので気をつけましょう。
そして、車体が十分に格納できるスペースが必要となります。
道路に支障なく出入りが可能な場所であることも必要項目です

その際には、月極めの家主に対して承諾の書類のサインが必要となります。
駐車場の管理人の人はこのような手続きに慣れていますので、気軽にお渡ししてかまいません。

車庫証明の申請書は警察署で貰うことが出来ます。
たいていわかりやすい場所に置いてありますが、分からない際は窓口で聞いてみましょう。
申請の際に掲載しなければならない項目は管轄によって少し異なる場合がありますので、気をつけておくと安心です。
すべての項目にサイン、捺印を行ったら警察署に提出することが出来ます。
提出時には、手数料が発生します。
交付するときと、申請するときとどちらも手数料が要りますので用意しておきましょう。
申請時には2100円程度、交付時には500円程度となっています。

新車購入にかかる諸費用

先日、念願の新車を購入しました。しかし、思っていた以上に本体以外の「諸費用」がかかりましたので、ここに覚えている限りのものを、書き出してみたいと思います。まずは、私が購入した車ですが、本体価格は200万円くらいでしたが、大まかに計算すると諸費用は30万円くらいでした。

その内訳は、自動車税(これは税金なので当然ですね、必要経費だと思います)が6000円くらい、重量税(かなり高くてビックリしました)が60000円くらい、自賠責保険料(1年分)35000円、自動車取得税(自動車税や重量税とはまた別にかかるのです)60000円、車庫証明書13000円、ナンバープレート(希望の番号があったのでお金を払って選びました)5000円、ロードサービス(万が一のときのために加入)5000円、検査登録届出代行費用(なんのことだかあまり理解していません)20000円、という感じです。

車というものは、本体の値段と必要であればオプションの代金で買えるものと勝手に思っていたのですが、予想以上に諸費用にお金がかかりました。飽きたらまた変えればいいやと思っていたのですが、せっかくお金をかけたからには、大切に長く乗り続けていきたいと思います。最後に、ディーラーによっては値引きをしてくれたり、実質無料のようにしてくれるところもあるので、本体もそうですが、諸費用に関してもきちんと説明をうけてから購入することをオススメでします。

新車にコーティングがしてあるため洗車が楽になりました。

駐車しているだけでもいつの間にか誇りがかぶってしまうため、毎回洗車がとても大変でした。特に春などは黄砂に見舞われて、黄色い色の砂が大量についています。

初めに購入した新車は低価格の車種であったため、コーティングはしなく汚れたら、セルフの洗車場で洗っていたのですが、頻度が高いと出費も手間もかさむため大変でした。

費用を抑えるために自分で洗車をしていたこともありますが、暑い夏や寒い冬は本当に大変で回数を減らしたり、時間を短縮できなかなと常に思っていました。

そこで、2台目の新車を購入の際にディーラーに相談をするとコーティングをかけるとよいとすすめられました。

コーティングすることで、水洗いとマイクロファイバーのタオルさえあればよいと聞いたので、お願いしることにしました。

コーティングしたことで、つやも綺麗であり少々のほこりはつきにくく感じました。
また、コーティング洗車の際も高圧洗浄で水をササッとかけるだけで、あっという間にピカピカのツヤツヤになったため、時間も負担も減りました。

すぐにマイクロファイバーのタオルでふき取ると、水滴のあとも残らずにスベスベのボディに戻りました。

5年コートをかけたのですが、実際には4年目あたりから少しずつ効果が薄れてきた気がします。

しかしながら、コーティングをかけた時とかけない時と比べると、格段に洗車が楽になりいつもきれいな車を保つことが可能になりました。

今後も新車購入のたびにコーティングは必ずかけたいと思います。

新車購入費用を安くする方法

新車を購入する場合、下調べが必要です。いきなり購入となると予算内におさまらないことがあるからです。そこで私も事前にインターネットで調べてみました。
欲しい車がある場合、その車の会社のホームページを見てみることが一番です。サイトによっては価格が記載されていないこともあります。オープン価格となっていることがほとんどです。しかし、ネット検索によって様々な情報を収集することで、ある程度の価格を予測することは可能です。

費用はかけようと思えばかけられるものです。オプションなどもあるので、一つの店舗だけではなく、複数の店舗を巡ってみることをお勧めします。私は自身で足を使って巡ることが面倒だったため、できるだけインターネットを駆使しました。ネットで最寄りの店舗を複数、見つけることができたので、それらのサイトをチェックしたのです。
後は実際に店舗を訪れて、実際の店員の対応などを実感してみることが大事だと思いました。親しい店員が居る場合、融通を利かせてくれることもあります。一つの店舗では私の兄がそこで車を購入したことがあったので、お得意さんとみなしてもらえました。これによって、通常価格よりも割引してくれたのです。

このようなことも時にはあるので、コネを作っておくというのもいいかもしれません。購入しなくても、定期的に店舗を訪れているだけで、店員さんと親しくなれることがあります。新車情報などもいち早く教えてもらえるようになるので好都合です。