新車を購入する際には、さまざまな必要書類があります。
車庫証明もその中のひとつです。
車庫証明は、車を保管しておく場所を申請する手続きです。
車の保管場所を決めておかないと車を購入することはできません。

これらは自動車販売店でも申請の書類を求められると思います。
自分の自宅内の土地でももちろん申請は可能ですし、月極めの駐車場も車庫証明として交付することができます。
その際には、自動車の本拠の位置から直線で2キロメートル以上はなれている場所は申請できませんので気をつけましょう。
そして、車体が十分に格納できるスペースが必要となります。
道路に支障なく出入りが可能な場所であることも必要項目です

その際には、月極めの家主に対して承諾の書類のサインが必要となります。
駐車場の管理人の人はこのような手続きに慣れていますので、気軽にお渡ししてかまいません。

車庫証明の申請書は警察署で貰うことが出来ます。
たいていわかりやすい場所に置いてありますが、分からない際は窓口で聞いてみましょう。
申請の際に掲載しなければならない項目は管轄によって少し異なる場合がありますので、気をつけておくと安心です。
すべての項目にサイン、捺印を行ったら警察署に提出することが出来ます。
提出時には、手数料が発生します。
交付するときと、申請するときとどちらも手数料が要りますので用意しておきましょう。
申請時には2100円程度、交付時には500円程度となっています。